時事用語時事問題 > 健康> レーザー注射

レーザー注射

レーザー注射とは、レーザーを使って薬を体内に注入することができる注射のこと。
アルミニウムガーネットを使った細かいノズルが入っており、レーザーを放って注射器の中に入っている液体で蒸気の泡を作り、その圧力で薬が体内に注入されるしくみとなっている。
ノズルの太さは、髪の毛より少し太い150マイクロメートル。
注射による痛みはなく、痕も残らない。韓国ソウル国立大学の機械工学/航空工学Jack Yoh教授が開発した。現在はモルモットを使った動物実験の段階だが、低コストでこのシステムを運用するために製造会社と共同開発を進めている。



« 仕事旅行 | 時事用語時事問題を楽しくマスター | 貧困ツーリズム »



■好評の無料メールセミナーはこちら