時事用語時事問題 > 健康> 三次喫煙

三次喫煙

三次喫煙とは、煙がなくなった後も残留しているタバコの煙の影響を受けること。
一次喫煙は、直接タバコを吸うこと。
二次喫煙は、喫煙者が鼻や口から吐き出した煙、タバコの先端から立ち上る煙を吸い込む受動喫煙。
三次喫煙とは、煙がなくなった後、喫煙者の髪や洋服、喫煙場所のカーペットや壁、床などに吸着したタバコの有害物質を吸入したり、タバコ煙の残存物質が室内などの化学物質と反応して揮発する発がん性物質による害のこと。
タバコ煙から排出されるニコチンや他の有害物質のほとんどは空気中ではなく、物の表面について揮発するので、換気扇を使用したり窓を開けて換気を行っても排除できない。このため、第三者がタバコの有害物質の被害を受けることになる。
特に、床面との距離が近い乳幼児への健康被害が心配される。



« お坊さん便 | 時事用語時事問題を楽しくマスター | ダンボルギーニ »



■好評の無料メールセミナーはこちら