時事用語時事問題 > 健康> 乳がんチェッカー

乳がんチェッカー

乳がんチェッカーとは、手のひらに乗るサイズの家庭用乳がんチェッカーのこと。
価格は3万円程度を予定しており、家庭で簡単にできる乳がんの一時診断を目的としている。
日本大学で研究開発が行われており、2012年2月で動物実験の段階である。
2011年11月にドイツ・デュッセルドルフで開催された「MEDICA 2011」で試作品が展示された。
検査方法はマンモグラフィのように、胸部を挟み込む必要はない。また、胸にあてるだけで検査できるので、痛みもない。
位相シフト法と光センサを採用しており、装置を乳房に当てるだけで乳房内のしこりを検知し、2Dのイメージングで見やすく表示する。



« ステルスマーケティング | 時事用語時事問題を楽しくマスター | イクジイ »



■好評の無料メールセミナーはこちら