時事用語時事問題 > 健康> 人工甘味料

人工甘味料

人工甘味料とは人工的に作られた甘みのある物質のこと。
人工甘味料は合成甘味料、糖アルコール、アミノ酸系甘味料などがある。天然甘味料よりも甘みが強く、中にはアスパルテームやサッカリンのようにショ糖の数百倍の甘みを持つ人工甘味料もある。
甘みが少量で得られることから体重の減量や糖尿病の治療などに役立てられている。
人工甘味料には動物実験で発ガン性が認められたという結果があるものもある。また、味覚が未発達の子供が人工甘味料の甘みに慣れてしまうと、だんだん濃い味を好むようになり、味覚障害の原因となる可能性がもある。また、パーデュー大学のテリー・ダビッドソン教授と、スーザン・スウィザース助教授によると、『人工甘味料はからだに備わったカロリー計算能力を狂わせてしまう可能性がある』ので自分の体にとってもう充分というサインがおかしくなり、肥満を引き起こす可能性がある。
健康維持の為に人工甘味料を取り入れる場合は、特性を生かした効果的な使用方法の他に、危険性も無視できないことを考慮に入れたい。



« 天然甘味料 | 時事用語時事問題を楽しくマスター | ヒートアイランド現象 »



■好評の無料メールセミナーはこちら