時事用語時事問題 > 健康> 分煙

分煙

分煙とは、施設の利用目的や利用実態に応じて、適切な喫煙場所の設置・制限を行うこと。
日本たばこ産業株式会社(JT)が提唱、推進を行っている。
分煙は、喫煙をめぐる環境の改善により、喫煙者と喫煙者以外が、気持ちよくその場に居られる環境を作り出すことを目的としている。
分煙の実施は施設管理者に一任されているが、自治体で規則を定め義務化している所もある。
分け方には、喫煙所を設けてそれ以外を禁煙とする空間分煙、時間帯で喫煙時間と禁煙時間を分ける時間分煙が主となっている。
また、施設の入り口にその施設の喫煙・禁煙状況を示す喫煙マーク・禁煙マークを表示することで受動喫煙のリスクを減らし、より快適に施設を利用することが出来る。



« メタボランティア | 時事用語時事問題を楽しくマスター | カーボンフットプリント »



■好評の無料メールセミナーはこちら