時事用語時事問題 > 健康> 卵巣バンク

卵巣バンク

卵巣バンクとは、凍結した卵巣の一部を長期保存システムのこと。
2016年5月に医療法人社団のレディースクリニック京野が設立する予定。
抗がん剤治療のため卵巣機能が低下する恐れのある37歳以下の乳がんや悪性リンパ腫の女性のを対象としている。
13の医療機関とネットワークを構築し、提携先で摘出した卵巣を仙台市と東京都内に設置の施設で冷凍保存。がん治療後に妊娠を希望すれば、移植する医療機関へ搬送し体内に戻す。その後卵巣は2年から10年程度機能し自然妊娠も可能。卵子凍結と比べ、妊娠の可能性が格段に増える。
第三者への提供や、がん以外の病気での卵巣保存は行わない。



« リポポリサッカライド | 時事用語時事問題を楽しくマスター | 避難所用間仕切りシステム »



■好評の無料メールセミナーはこちら