時事用語時事問題 > 健康> 夫源病

夫源病

夫源病(ふげんびょう)とは、夫の言動に対する不平や不満がストレスとなり、妻の身体に現れる様々な症状のこと。
大阪樟蔭女子大の石蔵文信教授が提唱した言葉。
症状は更年期障害に似ており、めまいや頭痛、動機、息切れなどで、うつ病のような症状が出ることもある。
夫源病になりやすい妻の性格は生真面目、責任感が強い、我慢強い、世間体を気する、細かいことが気になる、感情表現や思った事を言葉にできないなどが挙げられる。
夫源病の原因となる夫は、基本的に妻を対等な個人として認めておらず、そのような言動をとる。妻に対して「ありがとう」「ごめんなさい」を言わない、上から目線で話す、過剰に束縛する、家事を手伝わないが口は出す、などが挙げられる。
夫の妻に対する甘えや、歪んだ自尊心、思いやりの欠如が原因と思われる。
解決するには、夫はコミュニケーションの基本である「ありがとう」「ごめんなさい」をいうこと、お互いに言葉に出して思いを伝えること、過剰な束縛や、無関心を改めること。また、短い期間、夫を残して旅行に出る、別居をするなどして距離を置くことでお互いに冷静になることができ、気持ちに変化が生じることもあるので、日常生活で解決しない場合は少し普段と違うことをしてみるのも解決の糸口になるかもしれない。
夫源病とは逆に症状が現れるのが夫で、原因が妻にある「妻源病」もある。



« ボイジャー1号 | 時事用語時事問題を楽しくマスター | ホームホスピス »



■好評の無料メールセミナーはこちら