時事用語時事問題 > 健康> 安定ヨウ素剤

安定ヨウ素剤

安定ヨウ素剤とは、放射性を持たない医薬品ヨウ化カリウムの丸薬および内服液のこと。
原子力施設の事故で放射能が漏れた時に放出される放射性ヨウ素が人体に入ると甲状腺に集積するため、安定ヨウ素剤を予め服用し、甲状腺を安定ヨウ素で満たしておくことにより、事故時に体内に吸収された放射性ヨウ素は、甲状腺には取り込まれず、大部分は体外に排出され、放射線障害の発生を極力防止する。
2014年7月に九州電力川内原発のある鹿児島県薩摩川内市で安定ヨウ素剤が配布された。2013年に原子力災害対策指針が改定され、原発の半径5キロ圏内の住民に前もって配るとされたが、実際に配布されたのは全国でこれが初めてとなった。



« 信州山のグレーディング | 時事用語時事問題を楽しくマスター | 国際バカロレア »



■好評の無料メールセミナーはこちら