時事用語時事問題 > 健康> 新型うつ病

新型うつ病

新型うつ病とは、従来のうつ病と症状は似ているが、自分を責めるのではなく周囲を責めたり、ストレスの原因以外のことには活動的な型のうつ病のこと。
学問的には定義はあいまいで、下記のような特徴のものを総称して新型うつ病と呼んでおり、従来のうつ病とはタイプがかなり異なることから、別の病気として扱うべきという意見もある。
仕事がうつ病の原因となっている場合は、仕事を離れた途端に元気になる、周囲に迷惑をかけている意識が乏しく自分の権利ばかりを主張する、自分がうつ病だということを周囲に伝えることに抵抗がない、うつ病で会社を休んでいても、旅行に出かけたり、趣味を楽しんだりすることがあるなど。
20~30代の若者に多く、周囲から見ると、本当に病気かどうか疑いたくなるような行動をとることがあるため、誤解を受けやすい。



« 離婚報告はがき | 時事用語時事問題を楽しくマスター | サーチュイン遺伝子 »



■好評の無料メールセミナーはこちら