時事用語時事問題 > 健康> 新型水虫

新型水虫

新型水虫とは、今まで日本に存在しなかった菌の感染による水虫のこと。
水虫の原因は白癬菌(はくせんきん)というカビの一種である。新型水虫は「トンズランス菌」という白癬菌の一種によって引き起こされる。この菌はアメリカやヨーロッパでは感染者がいるが、日本では2000年頃から感染者が出てきた。
主に皮膚の接触により感染するため、擦り傷が出来がちで皮膚同士の接触が多い柔道やレスリングなどをやる人の間で集団感染が増えている。トンズランス菌は足の裏よりも上半身と頭部を好むのが特徴で感染力も強く治りにくい。
直接皮膚同士が触れずとも、抜け毛や垢などに半年は菌が生きていて感染する可能性がある。
顔・首・その他上半身の部位に感染した場合、直径1~2cmの円形でカサカサしたピンク色の発疹を作り、中央部が先に治癒するので、患部が環状に見えることもある。また、頭皮に感染した場合、発疹が出来た後ふやけたかさぶたになり、フケが多く見られるといった症状になることが多いいが、悪化すると頭皮が盛り上がり、膿が出て脱毛に至ることもある。
感染が疑われた場合は、市販の薬で完治させることは難しく、感染拡大を防止するため、早めに専門医にみせたほうがよい。



« はるまち | 時事用語時事問題を楽しくマスター | 特定秘密保護法案 »



■好評の無料メールセミナーはこちら