時事用語時事問題 > 健康> 無煙たばこ

無煙たばこ

無煙たばことは、火を使わず煙が出ないたばこのこと。
2010年5月JTより「ゼロスタイル・ミント」という商品名で売り出された。パイプ状の本体にたばこの葉が詰まった専用のカートリッジをセットしてたばこの味・香りを楽しむ形態。
たばこの種類としては「かぎたばこ」に分類される。火を使わず煙が出ないため、喫煙の際に周囲の人にたばこの臭いも少なく、副流煙の心配もないもないことから、通常の煙の出るたばこに比べて格段に迷惑が少なくなる。
1本のカートリッジで半日から1日楽しめるとされている。
長さは普通のたばこと同じで8cmで、ニコチンの吸収量は、JT製品の中で最も少ない製品の20分の1程度。本体1本とカートリッジ2本入りで300円、詰め替え用カートリッジ4本入りで400円。
JTは、ゼロスタイルは煙は出なくても、ニコチンが口に入るので口腔(こうくう)がんの要因や心筋梗塞・脳卒中にはなると認めている。禁煙推進団体などは、煙はなくてもにおいがあることなどから、紙巻きたばこと同様に喫煙場所を制限するよう求めている。
たばこであることには変わりないため、未成年者の購入・使用は厳禁。



« 電子看板 | 時事用語時事問題を楽しくマスター | 格安航空会社 »



■好評の無料メールセミナーはこちら