時事用語時事問題 > 健康> 産科医療補償制度

産科医療補償制度

分娩の際に起こる医療事故により重度脳性麻痺となった児とその家族の経済的負担の補償と、事故の原因究明と将来の事故防止の為の情報提供、この2つを目的とする無過失補償制度。
日本の周産期医療は低い新生児死亡率を実現しているが、産科医療分野では医師の過酷な労働や訴訟問題で、分娩の取り扱いをお粉輪なり施設が多くなっている。また産科医を希望する若手医師も減少している。
このような状態について2006年11月に「産科医療における無過失補償制度の枠組みについて」がとりまとめらた。その後、2007年2月に厚生省の委託事業として財団法人日本医療機能評価機構に産科医療保障制度運営組織準備委員が設置されるなど準備が進められ、2009年1月より開始されることとなった。
掛け金は1分娩あたり3万円で、補償金は3000万円支払われる。掛け金は妊婦が負担するが、実質的には出産育児一時金が35万円から38万円に引き上げらるため負担はかからないようになっている。
ただし、補償対象となるのが、出生体重が2000g以上、かつ在胎週数33週以上であること、身体障害者1級、2級相当の重傷児であるため、この条件から外れると補償を受けられないという問題がある。



« 総合周産期母子医療センター | 時事用語時事問題を楽しくマスター | ホエイ »



■好評の無料メールセミナーはこちら