時事用語時事問題 > 健康> 皮膚粗しょう症

皮膚粗しょう症

皮膚粗しょう症とは、加齢にともなう細胞の活動低下で外部の刺激から皮膚を守る力が弱くなったり、皮膚が薄くなったりする症状のこと。
肌の血行が悪くなることが主な原因で、発汗や皮脂分泌が減少する、皮膚の保湿能力が落ちてくる、皮膚の真皮にあるコラーゲンやエラスチンが減る、たるみや小じわが増えてくる、などの症状がある。
血行の他に、乾燥、光(紫外線)も原因に挙げられる。
皮膚粗しょう症にはビタミンCを摂取することで効果があるといわれている。



« おさかなポスト | 時事用語時事問題を楽しくマスター | 異所性脂肪 »



■好評の無料メールセミナーはこちら