時事用語時事問題 > 健康> 神薬12

神薬12

神薬12とは、中国のネットメディアで報じられている日本製の優れた薬12商品を指す言葉のこと。
2014年10月に中国のネットメディアで「日本に行ったら買わねばならない」と紹介された。
紹介されたのは次の12種類の薬で日本のドラッグストアで普通に売られている商品。
液体絆創膏「サカムケア」、皮膚の赤みを改善する塗り薬「ニノキュア」、額に貼るタイプの冷却用「熱さまシート」、のど薬「龍角散」、頭痛薬「イブクイック」、口内炎に貼るの「口内炎パッチ」、目薬「サンテボーティエ」、消炎鎮痛剤「アンメルツヨコヨコ」、L-システイン剤「ハイチオールC」、便秘薬「ビューラックA」、女性保健薬「命の母A」
日本の高品質、安全性が評価されているとともに、類似品のない新しい発想の商品が中国人観光客に人気を集めており、これらの商品は軒並み売り上げを伸ばしている。



« シバガス(SIVAGUS) | 時事用語時事問題を楽しくマスター | 医療用人工骨 »



■好評の無料メールセミナーはこちら