時事用語時事問題 > 健康> 茶のしずく石鹸

茶のしずく石鹸

茶のしずく石鹸とは、株式会社悠香(ゆうか)で販売されている茶葉の成分が配合された石鹸のこと。
優れた弾力性と汚れを取り去る吸着力で、肌を傷つけず、美肌効果が期待できる石鹸として販売されている。
しかし、旧製品では小麦のタンパク質を人工的に分解した成分「グルパール19S」を使ったことにより小麦アレルギー症状を起こす事例が相次いだ。「グルパール19S」は保湿効果を高めるために化粧品原料として流通している。旧製品では皮膚などを通じ体内に入りアレルギーを発症したとみらていれる。
2012年1月現在、500人以上がアレルギーを発症している。
被害拡大の背景には、悠香の製品回収の遅れや厚生労働省で初期の発表で商品名を好評しなかったなど、関係機関の対応の遅れがあったと指摘されている。
現在、製造されている悠香(ゆうか)の茶のしずく石鹸は小麦由来成分を使っておらず替わりにシルク由来成分が使われている。



« シリコンエコラップ | 時事用語時事問題を楽しくマスター | ステルスマーケティング »



■好評の無料メールセミナーはこちら