時事用語時事問題 > 健康> 酸蝕歯

酸蝕歯

酸蝕歯(さんしょくし)とは、酸により歯が蝕まれる状態のこと。
歯の表層部分はエナメル質と呼ばれる硬い組織でできているが、酸に蝕まれると柔らかくなり、歯のミネラルが失われる。この状態で歯磨などを行うとエナメル質が削られ歯が薄くなっていく。
飲食物に含まれる酸が原因となる場合と、体で作られる酸が原因となる場合がある。
飲食物は炭酸飲料、ジュース、ワイン、野菜やフルーツ、お酢などに含まれる酸。
体で作られる酸としては、胃酸が原因となっていて、反復性嘔吐、胃酸の逆流、食物の反芻癖で酸が歯にダメージを与える。
酸が歯に付いた場合は、水やお茶を飲むかうがいし、長時間歯を酸に触れさせないようにしたり、一時的に柔らかくなった歯の再石灰化が期待できる唾液の分泌を促すためにガムをかんだりすることが有効な予防法である。
また、軟化した歯が削れるのを防ぐため、飲食後30分は歯磨きを控えるとよい。



« きものの日 | 時事用語時事問題を楽しくマスター | 避難用3人抱きキャリー »



■好評の無料メールセミナーはこちら