時事用語時事問題 > 健康> 除外ダイエット

除外ダイエット

除外ダイエットとは、特定の食品や食品群を排除するダイエット方法のこと。
除外ダイエットの目的は減量ではなく、自分の体に合わない食品を見つけ出し、より健康になることを目的とする場合が多い。
除外ダイエットの方法は、乳製品、大豆、ナッツ、卵、グルテン(小麦や大麦、ライ麦などの穀物に含まれるタンパク質)、砂糖、アルコールといった一般的な食品群を数週間に渡って摂取を控えて、その後に1種類ずつ食べて体の反応を確かめる。
摂取後にすぐに激しいアレルギー反応のでる食品を見つけるのではなく、我慢できる程度の頭痛、皮膚のかゆみ、倦怠感、関節の痛みなどの不快症状を起こす食品を見つける。その食品の摂取を控えることで、これらの症状を緩和する効果が期待できるというもの。
科学的には証明されていないが、実践した人たちから、実際に症状が緩和されたとの報告がされている。



« 国家戦略特区 | 時事用語時事問題を楽しくマスター | ツマアカスズメバチ »



■好評の無料メールセミナーはこちら