時事用語時事問題 > 健康> 陽電子放射乳房撮影(PEM)

陽電子放射乳房撮影(PEM)

陽電子放射乳房撮影(PEM)とは、がん細胞が正常細胞よりも多く取り込む放射性検査薬を体内に注入し、放射性発生部位を撮影するPET原理を応用し、乳房専用に開発された検査のこと。
乳がんは、乳腺にある「乳管」内側にできた非浸潤がんと、乳管から外に出た浸潤がんに大別される。
浸潤がんは転移可能性が高いが、2センチ以下でリンパ節転移前の「早期がん」の段階で治療を始めれば再発率は低くなる。非浸潤がんは、しこりができるともかぎらない。
乳房の画像診断はX線撮影の「マンモグラフィー」と「超音波診断装置(エコー)」が主流だが、それぞれ長所と短所があり、マンモグラフィーは乳房を押し潰すため激痛を伴う場合が多く乳腺組織と乳がんのしこり両方が白く写り、がん確定診断や若い女性では不向きな面もある。エコー検査は痛みはないが、石灰化病変は不得手。
これに対してPEMは、放射線検出器を胸に当てて撮像するので、明瞭かつ撮影範囲も広い画像になり、、非浸潤がんと浸潤がんの両方を患部の大きさや位置を正確に捉えることができる検査になると期待されている。



« 罹災証明書 | 時事用語時事問題を楽しくマスター | カーボン・オフセットトマト »



■好評の無料メールセミナーはこちら