時事用語時事問題 > 健康> PTSD

PTSD

【PTSD】
心に加えられた衝撃的な傷が元となり、後に様々なストレス障害を引き起こす疾患の事である。

PTSDとは、Post-traumaticstressdisorder(心的外傷後ストレス障害)の略称です。

心の傷は、心的外傷(トラウマ)と呼ばれ、事故・災害時の急性トラウマと虐待など繰り返し加害される慢性の心理的外傷があります。
洪水、火事のような自然災害、または戦争、監禁、虐待、強姦といった人災によって生じます。

基本的な症状として、以下の3つが挙げられます。
・精神的不安定による不安、不眠などの過覚醒症状。
・トラウマの原因になった障害、関連する事物に対しての回避傾向。
・事故・事件・犯罪の目撃体験等の一部や、全体に関わる追体験(フラッシュバック)

最近、いじめからの自殺が問題になりましたが、いじめによって命を絶たなくたって、心理的外傷として、一生その体験が残ってしまうケースもあります。
いじめによって何が引き起こされるのか、しっかりと想像し、感じられるようになる教育も必要なのだろうと思いました。



« タウンミーティング | 時事用語時事問題を楽しくマスター | 住基ネット »



■好評の無料メールセミナーはこちら