時事用語時事問題 > IT> ウェアラブルデバイス

ウェアラブルデバイス

ウェアラブルデバイスとは、身に着けられる端末のこと。
2014年3月に東京ミッドタウンで、ウェアラブルガジェット展示会 Wearable Tech Expo in Tokyo 2014 が開催され、様々な最新端末が紹介された。
特に話題となったのは、日本のベンチャー企業ログバーの「Ring」という指輪形のウェアラブル端末で、指1本でさまざまな操作ができる。
人差し指につけて絵や文字やアルファベット、数字などを描くと、ジェスチャーとして認識する。カメラのシャッターを切ったり、電気を点けたり消したり家電操作可能。Bluetooth LEに対応しており、スマートデバイスと接続するほか、今後Ring Hub と呼ばれる中継器を使い、赤外線による家電操作にも対応する予定。
2014年7月に、日本とアメリカで1万8000円から1万9000円で同時発売が計画されている。
その他、手首にはめて使用するタイプやグラス(メガネ)型などがあり、装着した人の心拍数や体温など健康情報やフィットネス情報を管理するもの、スマートフォンと連携してメール受信情報を通知したりするものなどが紹介された。
ウェアラブルデバイスは耐衝撃性・耐水性とバッテリーの継続性が問題となっていた。今回の展示会では、バッテリーの問題では一度の充電で1年持つデバイスが出品さた。また耐衝撃性・耐水性では、アウトドア製品を作っている企業や腕時計を作っている企業に期待が寄せられている。



« マッチングサイト | 時事用語時事問題を楽しくマスター | 国民保護情報 »



■好評の無料メールセミナーはこちら