時事用語時事問題 > IT> オクトボット

オクトボット

オクトボットとは、外部電源を使わないタコ型のロボットのこと。
2016年8月にアメリカのハーバード大学が「ネイチャー」に発表した。
シリコンゴムなど柔らかな素材のみを使って作られており、動力源は過酸化水素水の化学反応で外部の動力源は使っていない自己完結型となっている。形状はタコのように8本の腕があり、SDメモリーカードよりやや大きいサイズ。4本ずつの足がセットになった2系統で構成されていて、2組の腕が周期的に小刻みに動くようになっている。本来のタコの動きを再現したものではない。
人間が入れないようなところに入り込んで捜索や救助活動に携わるより複雑な軟体ロボットの開発につなげることを目的としている。



« 食べられる電池 | 時事用語時事問題を楽しくマスター | サマリーポケット »



■好評の無料メールセミナーはこちら