時事用語時事問題 > IT> クラウドコンピューティング

クラウドコンピューティング

クラウドコンピューティングとは、ネットワーク(インターネット)を通して利用できるコンピュータサービスのこと。
ユーザはネットワーク経由でサービスの提供を受けるため、サーバを意識することなしに利用することができる。
クラウドという言葉は、ネットワークを図にするときに雲のような形を描くこと、また雲の中にサービスの実態があるが、中身は見えないということに由来する。
従来、ユーザは自分で用意したコンピュータにハードウェア、ソフトウェア、データなどを入れ管理する必要があったが、クラウドコンピューティングでは、最低限の接続環境とサービス利用料金のみで利用が可能。ユーザにとっては、コンピュータ本体、データの管理、それに伴う人件費等の費用を大幅に削減できるメリットがある。ただし、自社の形態に合わせた改修は困難であることと、サービス提供の停止などによりシステムが使えなくなるなど、のデメリットもある。
クラウドコンピューティングはSaaS、(インターネット経由のソフトウェア)、PaaS(インターネット経由のプラットフォーム)、HaaSまたはIaaS(インターネット経由のハードウェア、インフラ)の3種類に分類される場合が多い。



« 低炭素社会 | 時事用語時事問題を楽しくマスター | 覚醒剤 »



■好評の無料メールセミナーはこちら