時事用語時事問題 > IT> ゼロデイ攻撃

ゼロデイ攻撃

ゼロデイ攻撃(zero-day attack)とは、ソフトウェアにセキュリティ上の脆弱性(セキュリティホール)が発見されたときに、問題の存在自体が広く公表される前、またはその直後にその脆弱性を悪用してソフトウェアに対して行なわれる攻撃のこと。
セキュリティーホールの情報公開と攻撃に日にちに間がないことからこの名が付いた。
攻撃のタイプは大きく分けて2つある。
セキュリティ・ホール情報がベンダーより公表される前に攻撃されるタイプとセキュリティ・ホール情報が公表されたあと,ベンダーによって修正パッチが提供されるまでの間に攻撃されるタイプがある。



« エコジョーズ | 時事用語時事問題を楽しくマスター | マネジメント・アプローチ »



■好評の無料メールセミナーはこちら