時事用語時事問題 > IT> ミューチップ

ミューチップ

ミューチップ(μ-Chip)とは、超小型の無線自動認識ICチップのこと。縦横400μm、厚さ60μmの直方体形をしている。ミューチップの機能は無線通信機能とデータの読み出しに特化している。
日立製作所が開発し、紙をはじめとした様々な素材に埋め込むことを実現した。
データは読み出し専用で、最大128ビットのデータが出荷段階で記録される。
ミューチップはデータ管理や商品の真正性判別、製品および資源のリサイクルなどの機能を中心に、企業の経営効率化に利用されている。
その他、紙幣や株券のシリアル番号管理、パスポートの変造防止などに役立つと期待されている。



« 電子タバコ | 時事用語時事問題を楽しくマスター | プルサーマル »



■好評の無料メールセミナーはこちら