時事用語時事問題 > IT> 拡張現実

拡張現実

拡張現実とは、現実と現実にはないものをコンピュータを使って合わせる技術のこと。
Augmented Realityの頭文字をとってARと表記されることもある。
2008年に発表されたiPhoneアプリ「セカイカメラ」で認知度が高まり、2016年に公開された「ポケモンGO」で一躍有名になった。
よく似た言葉に仮想現実があるが、仮想現実はコンピュータが作り出す世界、拡張現実は現実世界に存在する物事に対して情報を付加する世界という点で異なっている。
スマートフォンのカメラ機能を使い、部屋で家具の配置をシミュレーションしたり、カメラに映した物体の長さを測ったりするアプリケーションにも利用されている。



« Spot message | 時事用語時事問題を楽しくマスター | りんな »



■好評の無料メールセミナーはこちら