時事用語時事問題 > IT> 接続の自由

接続の自由

接続の自由とは、人々が自由にインターネットを使えることを、言論の自由などと並ぶ基本的人権であるとした意見のこと。
2010年アメリカのクリントン米国務長官が中国のインターネット規制に対しての発言を行った。
中国当局は従来、巨大な中国市場への参入権を盾に、アメリカのネット企業に検閲協力を強いてきた。これに対して、アメリカの企業は、インターネットと情報の自由の問題を経営判断の重要な材料にしつつあること、「接続の自由」を保障しない国から投資は逃げ出しすことなどから、中国経済に悪影響が出ると警告した。
ネット検索世界最大手グーグル社も中国語サイトの検索結果の検閲受け入れを停止し、中国事業からの撤退の検討を発表している。



« お取り寄せ市 | 時事用語時事問題を楽しくマスター | ニューノーマル »



■好評の無料メールセミナーはこちら