時事用語時事問題 > IT> 虹彩認証

虹彩認証

虹彩認証とは、眼球の黒目に現れる皺のパターンを使って個人を識別・認証するシステムのこと。
人間の眼球の黒目部分には、瞳孔の外側に「虹彩」(アイリス)と呼ばれる環状の部分がある。ここには瞳孔を拡大したり縮小したりする筋肉があり、眼球の形成時に細かい皺が寄る。この皺は誕生する前から形成が始まり、2歳を迎える頃からほとんど変化しないことが知られている。この皺のパターンを指紋のようなその人固有の識別情報と捕らえ、認証に利用するのが虹彩認証である。

虹彩認証はカメラで眼の部分を撮影し、コンピュータで虹彩のパターンを抽出して認証する。非接触式であるため衛生的で、心理的抵抗が少ない。顔や声のように年をとっても変化することがなく、指紋のような偽造も難しい。認証率も高く、処理するデータ量も少なくて済むという。



« ドウモイ酸 | 時事用語時事問題を楽しくマスター | エクオール »



■好評の無料メールセミナーはこちら