時事用語時事問題 > IT> 蚊取空清

蚊取空清

蚊取空清とは、蚊を捕獲する機能がついた空気清浄器のこと。
シャープが開発した空気清浄器。蚊の習性を利用して近づいた蚊を、空気清浄機の風で吸い込んで蚊取りシートの粘着面で捕獲する仕組みとなっている。蚊取りシートは取り換えできる。
ASEANでは、快適な生活空間を保つため、空気ケアと同時に蚊対策も重要視しており、殺虫剤で対策を行っているが健康への不安も高く、こうしたニーズに応えるために薬剤を使わない蚊取り機能付き空気清浄器が開発された。
蚊取りのプロセスは
①360nmの紫外線を含むUVライトの光で蚊を誘い込む。
②蚊が好きな黒い色や物陰に隠れたがる習性を利用してでおびき寄せる。
③近づいた蚊を空気清浄器の気流で吸い込む。
④蚊取りシートで捕獲。
となっており、薬剤は使用していない。
2015年9月より、蚊のASEAN各国で蚊取り機能搭載の空気清浄機を発売し、日本では新たに「蚊取空清」の愛称で発売されている。



« 心臓震とう | 時事用語時事問題を楽しくマスター | スーパーナンキンムシ »



■好評の無料メールセミナーはこちら