時事用語時事問題 > IT> 電子看板

電子看板

電子看板(デジタルサイネージ)とは、広告を見た人を識別する「顔認識システム」のカメラが搭載された、性別や年齢層などを測定する看板のこと。
鉄道事業者の広告関係のグループ会社などでつくる「デジタルサイネージ推進プロジェクト」が、2010年6月に27台の電子看板を20駅に取り付け1年間の実験運用を開始した。
間帯や曜日別に内容が切り替えられるので、こうした機能を生かして性別や年齢層のターゲットを絞った広告を出すことも可能。
現在の駅看板や電車内広告に代わる広告媒体として、鉄道会社が力を注目している。
個人情報について、デジタルサイネージ推進プロジェクトは、カメラで撮影された映像は年齢や性別などのデータを収集した後、撮影した画像は保存しないため問題ないとしている。



« 無花粉スギ | 時事用語時事問題を楽しくマスター | 無煙たばこ »



■好評の無料メールセミナーはこちら