時事用語時事問題 > IT> Uメモ

Uメモ

UメモとはUSBメモリーに記録したパッケージソフトのこと。
ソースネクスト社から2008年9月に販売予定。従来パッケージソフトの販売はCD-ROMやDVD-ROMが主流であったがCD-ROMやDVD-ROMは読み取りに光学ドライブを必要とする。ノートパソコンやラップトップパソコンなど小型・軽量のパソコンでは光学ドライブが内蔵されていない物もあり外付けで光学ドライブを用意する必要があった。このUメモでは光学ドライブをもたないパソコンでもソフトをインストールできるようにしたことと、CD-ROMやDVD-ROMに比べてメディアの認識やインストール時間を短縮できるのが特徴。
UメモのUSBメモリは1GB(ギガバイト)ほどで、パッケージソフト以外の空いた容量を通常のUSBメモリとして使用できる。



« オープンオフィス | 時事用語時事問題を楽しくマスター | 異常気象 »



■好評の無料メールセミナーはこちら