時事用語時事問題 > 政治> ふるさと納税

ふるさと納税

住民税の一部を納税者が出生地などに自由に納めることができる「ふるさと納税制度」

政府調査会が制度化を目指す「ふるさと納税」は地域間の税源偏在を是正することを目的としています。
地方分権の流れが進む中でまた新たな政策が生まれました。

しかし政府・与党内でも賛否両論があって、地方の税収格差が是正されるメリットがある一方、
住民の便益に応じた負担が原則の地方税体系で不公平感が生じる恐れがあることなどが問題点として指摘されています。



« 外国人技能制度 | 時事用語時事問題を楽しくマスター | パイプライン »



■好評の無料メールセミナーはこちら