時事用語時事問題 > 政治> ハブ空港

ハブ空港

ハブ空港とは、国際線と国内線の中継拠点となり、空の玄関として機能する拠点空港のこと。
運用拠点としての役割と、広域空港網としての役割がある。
2009年10月、前原国土交通大臣が羽田空港をハブ空港とする方針を示した。
現在、日本のハブ空港である成田国際空港は建設反対の闘争があり滑走路が短い(拡張が難しい)、近隣への騒音問題から夜間の使用制限がある、着陸料金が高い、地理的に不便、などの問題がり、近隣国のハブ空港に比べて就航回数がかなり少ない状態である。
羽田空港をハブ空港にすると、羽田空港は海に向けて拡張が行える、海に作られれば近隣への騒音問題は起こらない、また地理的に便がよい、など問題の多くが解消される。
ただし、今までハブ空港として整備してきた成田国際空港の今後の運用や、国内の他空港へ及ぼす影響への対応など明確にしなければならない問題が多々ある。



« アマゾン・キンドル | 時事用語時事問題を楽しくマスター | コミュニティサイクル »



■好評の無料メールセミナーはこちら