時事用語時事問題 > 政治> 国民ID制度

国民ID制度

国民ID制度とは、政府が管理する自己に関する情報を国民が自分で登録や変更などコントロールできる仕組のこと。
新しい情報通信技術戦略の1つである「国民本位の電子行政」の柱となるサービスで2013年までに導入予定。
2010年5月の高度情報通信ネットワーク社会推進戦略本部の会合で決められた。
2013年までに国民の50%以上がコンビニエンスストアや郵便局の「行政キオスク端末」を使って証明書発行サービスや申請手続きサービスを利用できるように整備する。
行政機関による運用状況を監視する第三者機関を創設し、民間IDとの連携についても可能性を検討する。
しかし、現行の住民基本台帳ネットワークシステムの利用や、政府が検討中の納税者番号制度との関係について現時点で整理がついていない。



« 休日分散化 | 時事用語時事問題を楽しくマスター | 食べる調味料 »



■好評の無料メールセミナーはこちら