時事用語時事問題 > 政治> 政治献金

政治献金

【政治献金】せいじけんきん
政治家や政党に資金を提供すること。政治資金規正法では寄付とされる。

政治活動には多額の費用がかかり、政治家や政党は多額の資金を必要とするため、しばしば献金を募ることがあります。

献金の種類は献金する行為者によって分類され、企業(法人)が行う企業献金(団体献金)と個人が行う個人献金があります。
企業献金(団体献金)は政財癒着に繋がるという批判も多いが、その一方で個人献金はあまり問題視されていません。


今月19日、安倍首相が大手銀行からの政治献金を辞退するように指示しました。

銀行業界は、国から公的資金の注入を受けた1998年以降から政治献金を自粛していましたが、公的資金の完済、06年決算での過去最高益の達成を背景に今夏から政治献金の再開を検討していました。

しかし、政財癒着に繋がるという不信感によって、世論の反発を生み、支持率を下げたくないという狙いから今回の決断がありました。

道路特定財源の一般化、タウンミーティングのやらせなど、逆風になやまされている安倍政権がやむを得ずの判断とも取れるのですが、今回の件で政治と金の問題をしっかり分けるための機会になればいいと思います。



« 2007年問題 | 時事用語時事問題を楽しくマスター | 移転価格税制 »



■好評の無料メールセミナーはこちら