時事用語時事問題 > 政治> 老人党

老人党

老人党とは、インターネット上の仮想で作られた政党のこと。
精神科医のなだいなだ氏が作った。
老人党は、老人のためだけにではなく、この国を改革するために、老人たちに何が出来るかを考えることを目的としている。
具体的には
 1.老人を含む、いま弱い立場にいる人の暮らしやすい社会をつくる
 2.世界の平和をめざし、日本を戦争をしない国とする
 3.平和と基本的人権を保障する日本国憲法を護る
 4.政治や司法が誠実・有効に機能しているか、積極的に意見を発信する
 5.老人と未来の老人が協力して現政権に市民の声を届け、より良い社会を目指す
となっている。
現在の政治の行き詰り状態を打破するために、インターネット上に政治や暮らしについて意見交換の場や、不正の疑いがある政策や公共事業などの公表の場を設けている。このような活動により、政治に対する自分たちの意見を反映させようとしている。
老人党の運営はボランティアで運営されており、投稿ルールを守れば誰でも参加可能で費用はかからない。



« 脱法ハウス | 時事用語時事問題を楽しくマスター | ネット選挙 »



■好評の無料メールセミナーはこちら