時事用語時事問題 > 政治> 討論型世論調査

討論型世論調査

討論型世論調査とは、討論のための資料や専門家から十分な情報提供を受け、小グループと全体会議で討論した後に、再度、調査を行って意見や態度の変化を見るという社会実験のこと。
一度きりのアンケートと違い、より民意が反映される世論調査となる。
2012年8月に日本でも初めてエネルギー・環境戦略を決定するために政府が実施する。
2011年の東日本大震災で起きた原発の事故を経て、今後、日本ではどうエネルギー政策を進めるか政府が示した3つの選択肢2030年時点の①「原発比率0%」②「原発比率15%」③「原発比率20~25%」から選択する。安全性の問題や原発比率に応じ二酸化炭素の削減量や電気料金も変わるなど複数の要素を考慮しなければならない。
実施にあたっては、中立かつ公正を期すため、監修委員会委員長は討論型世論調査考案者のジェームズ・S・フィシュキン教授、手順は討論型世論調査の公式の手順に則って行われ、資料や質問内容はエネルギーや環境に関し、様々な立場の専門家で構成する「専門家委員会」を設置し、助言を受け、結果発表は「第三者検証委員会」が行うこととなっている。



« ねむり時間計 | 時事用語時事問題を楽しくマスター | エボラ出血熱 »



■好評の無料メールセミナーはこちら