時事用語時事問題 > 教育> デジタル教科書

デジタル教科書

デジタル教科書とは、最先端の情報通信技術(ICT)を応用した電子教材のこと。
映像や音声などを駆使した新たな教育手法の開発やきめ細かい個別指導につなげることを目的としている。
2010年7月に産学連携で「デジタル教科書教材協議会(DiTT)」が発足した。会員はソフトバンクやマイクロソフト、NTTなどIT企業と出版社や新聞社などの70社。会員はだれでもなることができ、随時募集。
文部科学省、総務省と連携して活動を進めて行く。
「デジタル教科書・教材」は、教科書や教材といったコンテンツやアプリケーションだけでなく、それを使う端末、機材やソフトウェア環境、ネットワーク・システムなどを含む「デジタル技術による総合的な教育・学習環境」を指す。



« ネットカフェ規制条例 | 時事用語時事問題を楽しくマスター | ノントレー包装 »



■好評の無料メールセミナーはこちら