時事用語時事問題 > 教育> ベビーサイン

ベビーサイン

ベビーサインとは、まだ話ができない赤ちゃんと手話やジェスチャーを使って会話する方法のこと。
1990年代にアメリカで始まり、日本にも2000年以降導入され全国各地で体験教室が開催されている。
話をするために必要な口、舌、喉の筋肉や言語能力が未発達な赤ちゃんと手や指を使いコミュニケーションをとる。一人でお座りができるようになり、指さしが始まる6か月以降から1歳半くらいまでが適切な時期とされている。
普段の生活で親が赤ちゃんへの語りかけ時に手のサインを添えて教えてあげるだけで難しいことは特にない。
ベビーサインのメリットとして、赤ちゃんが自分の欲しいものや要求を泣かずに伝えることができるため親のストレスが軽減される、物の名前や使い方を早く覚えることができるのでおしゃべりが得意になる、痛い・熱いなど自分の体の異変を赤ちゃんが自分で大人に伝えることができるので危機防止に役立つ、などが挙げられる。また、簡単なコミュニケーションが取れるため親子の絆が深まるり、親も育児をより楽しむことができる。



« サマリーポケット | 時事用語時事問題を楽しくマスター



■好評の無料メールセミナーはこちら