時事用語時事問題 > 教育> 幼保一体化

幼保一体化

幼保一体化とは、政府が、文部科学省が所管する幼稚園と厚生労働省が所管する保育所の区別をなくし、「こども園」に一本化する構想のこと。
こうした構想は、共働き世帯の増加などで保育所は利用者が増え続けているのに対し、幼稚園は減少のし続けており、経営難により閉園する施設も出てきている。こども園はこうした問題を同時に解決する狙いがあった。
幼稚園と保育所では様々な点で違いがある。
おもな違いは、施設の設置・設備基準が違う、保育所では利用料が自治体により保護者の前年度の所得や所得税・住民税の課税状況と入所児の年齢から算定されるのに対して幼稚園は利用料を自由に設定できる、幼稚園と保育所では免許が幼稚園教諭と保育士と別の資格となり、児童数に対する職員の割合も異なることなどが挙げられる。
こうしたことから、幼稚園と保育所の関係者からの不満が出ており難航している。



« FSC認証製品 | 時事用語時事問題を楽しくマスター | キャリア教育 »



■好評の無料メールセミナーはこちら