時事用語時事問題 > 教育> 社会人基礎力

社会人基礎力

社会人基礎力とは、職場や地域社会で多様な人々と仕事をしていくために必要な基礎的な力のこと。
2006年2月に経済産業省が、産業界、教育界、学界の有識者による委員会にて定義した。
大きく3つの能力に分けられ、12の能力要素で構成されている。
3つの能力とは、前に踏み出す力(アクション)、考え抜く力(シンキング)、チームで働く力(チームワーク)。
これらの能力は、多様化する業務、1人当たりの負担する仕事量の増加、さらに部署を超えてのプロジェクトへの対応など早いサイクルで変化する仕事環境に対応するために必要なものである。
こうしたことから、社会人基礎力は新入社員の社員教育や、大学教育にも取り入れられつつある。



« ソーラークッカー | 時事用語時事問題を楽しくマスター | ポテトチップス税 »



■好評の無料メールセミナーはこちら