時事用語時事問題 > 教育> 習熟度別少人数授業

習熟度別少人数授業

習熟度別少人数授業とは、子供の勉強の理解程度に応じてグループに分けて、グループごとに行う授業のこと。従来のクラス単位での授業よりも、より充実した指導が行われることを期待して導入された。主に算数・数学で行われる。
習熟度別少人数授業は各都道府県で行われているが、文科省が2008年4月の全国学力調査をもとに行った正解率の分析では、正解率は学校によって異なり習熟度別少人数授業を受けていない子供の法が逆に正解率が高いこともあった。
習熟度別少人数授業の成果が出ている学校では、教材や授業内容を変えるなど指導方法を工夫しており、これが成果につながっているとすれば、成果は習熟度別少人数授業の導入にあるのではなく、教員がどのように子供に教えるかによって習熟度が左右されているのではないかとの意見もある。



« 沖縄国際映画祭 | 時事用語時事問題を楽しくマスター | コマーシャルペーパー »



■好評の無料メールセミナーはこちら