時事用語時事問題 > 教育> 薬教育

薬教育

薬教育とは、子供たちに正しい薬の知識を身につけさせるために行われる授業のこと。
文部科学省が2008年に学習指導要領で公示し、中学校では2009年~2011年の間を移行期間とし、2012年度より施行となった。背景には、改正薬事法によって、コンビニエンスストアなどでも鎮痛剤や整腸剤などの一般医薬品の販売が可能となり、子供たちにも身近なものとなったことがある。
医薬品に関する授業は従来、高校で行われていたが、市町村単位でみると一部の小中学校では、すでに任意で行われていた。



« パラレルキャリア | 時事用語時事問題を楽しくマスター | 自転車免許証 »



■好評の無料メールセミナーはこちら