時事用語時事問題 > 教育> 達成度テスト(基礎レベル)

達成度テスト(基礎レベル)

達成度テスト(基礎レベル)とは、高校教育の基礎な学習の達成度を確認するためのテストのこと。
高校教育の質の確保・向上に向け、生徒が、自らの高校教育における基礎的な学習の達成度の把握及び自らの学力を証明することができるようにし、それらを通じて生徒の学習意欲の喚起、学習の改善を図ることを目的としている。
対象者は高校生2、3年生で年に2回の実施。個人または学校単位で受験することを想定しおり、なるべく多くの高校生が参加するよう学校単位での受験支援が検討されている。
試験科目は、国語、数学、外国語(英語)、地理歴史(世界史、日本史、地理)、公民(現代社会、倫理、政治・経済)、理科(物理、化学、生物、地学等)が想定されている。



« 国際バカロレア | 時事用語時事問題を楽しくマスター | 達成度テスト(発展レベル) »



■好評の無料メールセミナーはこちら